住職のひとりごと

鳥取市にある浄土真宗本願寺派のお寺、淨宗寺の住職日記です。基本は毎日更新です。

IMG_1573
夕べ出ていた降雪予報が外れたのか、市内では朝の路面には何もなし。それでもやはり、今朝は青空になっているとは言っても暦(大寒)どおりに空気は冷え切っています。暖房器具を点火してもなかなか室内が暖まらないほどで、温風機の灯油も3日ほどしかもちません。大寒が過ぎれば少しずつ春に近づくかと期待していますが、その後にやってくる《猛暑》のことを考えるとやはり気が滅入ってきます。「そんな先まで考えなくてもいい」とは思っていますが、どうも歳とともに時の経つのが早く感じられるせいか、2~3ケ月先まで気になってきます。
ところで、特措法の改正が審議されていますが、内容はどう考えても《改悪》にしか思えません。なかでも「入院を拒否した場合には、1年以下の懲役か100万円以下の罰金」という部分。これは刑事罰であって前科がつくものですが、入院の拒否にも正当な理由(たとえば、自分が入院したら生きていけない者が身近にいるなど)があればどうするのでしょうか。数ヶ月前には《自粛警察》というものが続発しましたが、「ウレタンマスクや布マスクは不織布に比べて飛散の量が多い」という報告以降「不織布マスク以外は不認可」とする場所が出ています。そして、ご多分に漏れず《不織布マスク警察》なるものも登場している現在、特措法の改《悪》が決まれば安易に「罰金だ、逮捕だ」という世間の風潮が生まれる恐れが出てくるのではないでしょうか。ちょうど戦争中に「反対する者は非国民だ」と(熱に浮かされたように)周りの人たちを迫害したように・・・。コロナ禍の拡大と支持率の低下に対して焦って提案した菅政権の《最後の一手》に対し、その内容を何も考えずに「そうだ、そうだ」と流されないことが大切なのですがねぇ。
(団子3兄弟の中の《次男》が咲きましたよ)

IMG_1557
今日は半年ごとの定期検診の日です。前回は病院から連絡があるまですっかり忘れており、慌てて翌日に行ったことがありましたので、今回は日程表(年回帳)にちゃんと書き込んでおきました。受付開始は8時のために早めに病院に着きましたが、(前回はロビーで時間まで待つことが出来た)コロナ禍のために入口も時間まで閉鎖。おかげで寒風吹きすさぶ(?)中を10分近く外で待たされました。幸いにしてセーターの上から防寒ベストを着ていたので助かりましたが、雪が舞っている中の待ちぼうけは辛かったですね。採血をした看護師の方は郡家の人で、「家を出ようとしたら、15㎝は積もっていましたよ」とのこと。定期検診も「異常なし」となったので帰ろうとすると外は吹雪模様。でも市内は雪が舞っていなくて気が抜けましたが・・・。次の定期検診はまた半年後ですが、永代経法座の前日でしたので1週間ずらしてもらい、忘れないようにちゃんと日程表に記載しておきました。放射線治療をした後の定期検診は《半年ごと、1年ごと》とあるようですが、なんとなく忘れそうですよね。


IMG_1528
昨日の午前中に降っていた雨が午後には霙になり、天気予報の正しさを実感しました。朝方は夕べの霙の名残がありませんが、寒いことは確かです。
ところで、いつも成人式の日に抽選があった年賀葉書の当選番号もここ数年は少し遅れており、今年は昨日だったようです。さっそく今日の予定に番号の確認を加えましたが、切手しか当たったことがありません。去年も当選が4枚でしたから、まるで《宝クジ》に似た確率です。亡母(前坊守)がよく「お寺は門徒があってお寺であり、門徒はお寺があって門徒である」と言っていたようにお寺もいろいろな方のお世話になって存在出来るものですので、当寺も出来るだけそのような方々にお礼と「引き続きよろしく」との意を込めて年賀葉書を出しています。もっとも、近年は出す分の半分程度しか戻って来ませんし今年も同じような枚数ですが、これも仕方ないことかもしれませんね。まあ、気分を変えて番号を調べましょうか。しかし、どうして《1番違い》ばかりが目につくのでしょうかねぇ。
(庭の八朔のように、当たりくじもたわわにあったらいいのですが)

IMG_1563
やっと境内の雪が(一部を除いて)溶けたので雪に埋もれていた公孫樹の落ち葉があらわになり、やっと掃き取りました。気になっていたものがなくなってホッとしています。もっとも、まだ《濡れ落ち葉》になっているものは掃き取れないので、そのままですが・・・。先日この蘭に書いていたアルコール噴霧器を3ケ所(本堂・納骨堂・玄関)セットしました。いちいち持ち上げて噴霧しなくてもよくなったので楽になりましたが、某スーパーに行った時は足踏み式の噴霧器でしたので、一瞬ウロウロしました。何事も急に変わるとウロウロしてしまうものですよね。
そう言えば、吉岡の大樹荘(レーク大樹)が1月11日から2月末日まで休館とか。吉岡には同派の寺院もありますので身近な地区ですが、一体どうしたのでしょうか。単に設備の関係ならいいのですが、まさかここまでコロナとGo to トラベルの影響がやってきたのでしょうか?今では漫画で有名になっているとは言ってもほんの数年前までスタバもセブンイレブンもなかった鳥取(電車がないために現在でも「汽車」と言う人が多い)ですから、冬場のマツバガニを目当てにやってくる旅行客の減少は直に経営に影響してくることでしょう。もっとも、《大挙してやってくる》ものでも新型コロナ菌だけは絶対に❌ですがね。
(窓辺のデンドロは、花の盛りを過ぎたようです)

IMG_1564
昨日は今年初めての仏教婦人会研修会でした。と言っても開催は4月~3月ですから、「今年最初」とは言っても12月の続きのようなものですがね。前回の最後に「朝ドラの古関裕而さんは仏教讃歌も作曲していますよ」と話したことから、今回は『しんらんさま』への導入として聖人の誕生から源空上人との出会いと得度後の3度の改名(7高僧の名前との関係も含めて)、そしてご往生の日と御正忌報恩講の日程等を話し、最後に700回大遠忌の時にこの歌が作られたことを話してからCDをかけて終わりました。
当寺の仏婦研修会ではご法義に関するものだけでなく、たとえば《東・西》本願寺という呼び方の意味や「◯◯山」という山号の意味、また正面に飾ってある『見真』額の歴史的由来等、それこそ《雑学》的なものも話しています。なにしろ「西本願寺」「東本願寺」という呼び方が正式名称だと思っている人も多い現在ですから、「今まで《当然》と思っているものにも間違いがある」ということをちゃんと指摘して説明することは大切ではないでしょうかねぇ。
今日の写真は、シンピジュウムとアマリリスによる《団子3兄弟》にしました。アマリリスの開花が近いようです。

IMG_1561
教員時代には「平成生まれの子が入学してくる」と大騒ぎしたこともありましたが、当時は今では当たり前になっている《個人の権利》が強く言われ始めた時代でもありました。しかし、あまりにも《権利》ばかりが主張されるので、授業中に「権利の裏には義務がある」と教えました。物事には必ず裏と表が存在して一面だけというものはあり得ないのですが、今回の《緊急事態宣言》における「従わないものには罰則がある」という文言には疑問を禁じ得ません。確かに緊急事態においては強い指導(義務)も必要でしょうし、決してそれを否定するつもりもありません。しかし、そのためにはそれに値するだけの措置(権利)も考えなければならないのではないでしょうか。
菅総理の「20時以降の外出自粛を要請」という声明(しかも、書かれたものを読むだけ)では強いメッセージは伝わらず、逆に「だったら、その時間まではoK」と捉えられる現状に西村大臣が慌てて「夜は当然として、昼間のランチも自粛という意味だ」と言いましたが、これでは「一日中外に出るな。自粛しろ」ということになって《ロックダウン》と同様になりますから、「20時まではなんとかして頑張ろう」という意欲も奪われてしまい、反発だけが残ります。「エビデンス(証拠)がないから、中止しない」と言いながら数日後には「やはり中止する」という総理の『朝令暮改』の対応や紙面を読みながらの声明では国民の心に何も伝われないばかりか、補償もなく罰則だけが一人歩きしていくような《後手後手》で《泥縄》の対応とともに「皆がちゃんとやってくれれば・・・」という考えしかない政府の現状に、コロナ菌も笑っているのではないでしょうか。〈その証拠に、昨日も48都道府県全部で発症していますからね〉写真のベゴニアのように、ちゃんとした手入れさえすれば元気になるのですから。

やっと天気予報に雪マークがなくなりましたが、また来週には次の雪マークが出ています。もっとも、次は今回ほどの冷気はやってこないでしょうが・・・。先日は駐車場の除雪をしましたが、今日は参道から外れた所に積み重ねている雪をバラして早く溶けるようにしないといけないでしょうね。
IMG_1565
ところで、どこの寺院でも同じでしょうが、当寺も玄関と納骨堂と本堂の入り口の3ケ所にアルコールスプレーを置いています。しかし、多人数の場合には最初の人が後にいる人に吹きかけてあげればいいのですが、そうでない時にいちいち持ち上げて使うのも面倒ですよね。そこで、昨日ホームセンターに行って便利なものを見つけてきました。単Ⅲ電池を使った自動噴霧器です。大きさは高さ20㎝、直径10㎝程度で、手を下にかざすと自動的にアルコールを噴霧してくれる便利ものです。置くのも今朝からですからこの噴霧器はまだ誰も使っていませんが、私自身も外出した時にその店にあるスプレーを使いながら(両手に吹き付けるためにはその度に持ち替えないといけないので)不便に感じた経験があります。そのため、今回の自動噴霧器が当寺に来られた人達にとって便利で喜んでもらえるならばうれしいことです。

IMG_1527
昨日の気温で溶けた雪が今朝は凍り、路面はツルツル。離れて見たときに黒い色が強く見える部分は大体において凍っているところ。アスファルトの黒が氷面によって際立って見えているからですが、それが分かっていながら普段通りに歩けないのも凍結した路面の怖さです。もともと「雪」という漢字は「雨」と「彗」が合わさったもので、「雨で洗い清める、そそぐ、すすぐ」意を持ったもの(また「彗」は「毳」に通じ、「細くこまかい」意から「細かく軽い雪」の意味になる)であることから「雪辱」という熟語もありますし、四季の代表的な自然美としての「雪月花」とも使われます。しかし、それが溶けて凍った時の怖さを表す言葉はないのですよね。
ところで、今朝の新聞に森喜朗IOC会長の言葉が載っていましたが、それを読んで「この人は自分に都合のいいようにしか捉えない人だなぁ」と思いました。東京オリンピックについてのアンケートで「実施すべき・・・14.1%、再延期すべき・・・44.8%、中止すべき・・・35.3%」という結果から「6割の人は、延期であろうととにかく五輪をやるべきだと判断している。心強い結果だ」とのこと。確かにそのような見方も否定できませんが、「『今年は絶対にやるべきではない』と答えている人が8割にものぼっている」とも受け取れる数字です。森氏の考え方は「選挙によって選ばれた我々の決定は、国民の総意を得ている」と『我田引水』的に考えている政治家と一緒で、「自分の決めたことは絶対」という枠から出ることを是としないものなのでしょう。でも、為政者は国民の目線に立って見ることの大切さを心に刻むことが必要なのですがねぇ。

IMG_1519
昨日は用事があって米子に行きましたが、前日まで大雪の情報に「車で行けるのだろうか」と心配ばかり。幸いにして山陰道は無事に走れましたが、途中の情景はとにかく畑が完全に雪に埋もれていたことから問題は市内に入ってから。鳥取から倉吉までは雪が積もっていてもあちこちで草がのぞいていましたが、米子に入った途端に畑は完全に一面の雪模様となり、米子の積雪量がいかに多かったか実感できました。そして目的地に行きましたが、大通りは大丈夫でも横道は雪が残って轍が続いており、それを横切って駐車出来るかとヒヤヒヤでした。なにしろこちらは軽自動車ですからね。幸いにして無事に米子での用事も終わって帰途につきましたが、ガソリンの残量が市内に入った時に40㎞程度になり、途中で給油して戻りました。しかし、米子市内を出てから鳥取西ICを下りるまでスタンドが1軒もないのですから、残量のメーターと目的地までの距離数とを計算しながらの運転は疲れますね。
無事に戻れた目に千両の赤い実が映ってホッとしたことです。

IMG_1552
早朝に除雪車が当寺の前を動いていたので「あれっ?」と思って外に出て見ると、またもや積雪。昨日もやっと境内の除雪を済ませてホッとしていたのですが、今朝も薄暗い時から参道(本堂、納骨堂、玄関)や山門前の雪の塊をあけることに・・・。本当なら除雪機を使うところですが、さすがに朝早いうちからエンジン音をたてることは遠慮してスコップを使いました。それでも一昔前の鉄製のスコップなら、投げ捨てようとすると雪がひっついたままになってスコップまで飛んでいきそうになったものでした。今はプラ製ですからそんなこともなくなりましたが、これも「必要は発明の母」なのでしょうか。
降ったのは粉雪でしたから、山茶花などは枝が折られることもなく雪をかぶっただけで済んでいますが、車が通った後の道路はアイスバーン状態になっています。そのために今朝も長靴で出たらツルッと足下をとられましたが、そこは《雪国育ち》。転びはしませんでした。しかし、こんな寒さの厳しい毎日ですが、この先1週間は少し気温も上がるそうです。その時を利用して裏の駐車場の除雪に精を出す予定です。(それも《希望的観測》にならなければいいのですが・・・)

↑このページのトップヘ