今年も永代経がやって来ました。昨日ははしごを掛けて本堂の向拝に幕を張りましたが、今朝は4時30分から境内の落ち葉掃きから初めて納骨堂の供花の活け替えと向拝の拭き掃除の後で供物に取りかかるなど、1時間30分を休みなく動き回っていました。特に拭き掃除の時には汗が顔からしたたり落ちて、たちまち下着もびっしょり。やっと朝食になった時には熱中症になったのかと思われるほどふらふらでしたが、それでもなんとか準備を終えてひと安心です。もっとも、午前中にご法事があるので一休みというわけにはいきませんが・・・。
IMG_3409
昨日の新聞に前進座公演の紹介文が載っていました。字数制限のためにカットされた部分もありましたがとりあえず内容は紹介されていますので、是非多くの方に観劇していただきたいものです。特に《女人禁制》の時代に堂々と結婚した親鸞聖人とその妻である恵心尼の心情をくみ取っていただければありがたいことです。