IMG_1560
先日植え替えたディフェンバキアは失敗しました。寒さの中でなんとか頑張っていたのを急に植え替えてやったので、《親心》が逆に徒になったのかもしれません。もっとも、固くなっていた土を木くず(バーキュライト)に変えたのも原因の一つかもしれませんが・・・。境内で万両と千両を並べて鉢植えしていたものもなぜか千両だけが枯れていましたが、やはり気候の変化に対する適応の差が植物にもあるのかもしれませんね。そう言えば、3年ほど前にご門徒から戴いたタマノカンザシも、冬場に《親心》で室内に入れていたら弱ったので次の冬は外に出しっ放しにしていたらちゃんと花をつけたということがありました。『やはり野におけ、レンゲソウ』ではありませんが、「それぞれに合った環境というものがあり、それを人間が勝手に変えていいものではない」ということなのでしょう。とはいえ、きっとまた同じ失敗を繰り返すことでしょうが・・・。どうして人間というものは《失敗》から何も学ばないのでしょうかねぇ。それとも、私だけ??
(写真のベゴニアは花芽がなくなり、葉だけになっています。とりあえず元気です)