IMG_1675
鳥取では新たに2名の陽性者が出て281名になり、島根との差が7名になりました。クラスターが発生したことも原因でしょうが、「このままでいけば逆転もあるかも」と思うと、《鳥取方式》のピンチです。そんな中で、国がまた40億円の無駄遣いをしました。オリ・パラの警備関係者の宿泊用に作った施設(2人部屋)をコロナ患者用(1人部屋)に改修しながら【一度も使わずに】復元工事に入るとのことで、その総額が40億円!これだけの金があれば医療関係者でも店舗経営者でも大喜びでしょうが、政治家にとっては結局《税金》という名の《他人の懐》なのでしょうね。同じ大金をはたくにしても、バイデン大統領の数兆円に及ぶ国民支援金は法案に署名してからわずか6日で各自の手元に届いたそうですから、何から何まで桁違いの行政です。まぁ、菅総理にとっては「オリンピックの開会」と「子ども庁」創設しか頭にないのだから、仕方ないでしょうね。
しかし、文科省と厚労省だけでなく内閣も含めて対応部署が3つにまたがっているのに、そんな問題点をどう【一体化】するのでしょうか。今でも《いじめ》にあって自殺したり不登校になったりしている子どものことを保護者に対して事実を秘匿したりごまかしたりしている市教委が数多くありますが、『子ども庁』設立に力を入れるよりもそれらを解消することに尽力することの方が真に「子ども達のためになる」ことではないですか?それとも『既得権益』を持ちたいために、具体的な内容の説明もなしに設立する気なのでしょうか?