IMG_1689
原発事故による処理水(汚染水では?)を海に放出するという政府の発表を後押しするように復興庁が出した動画をニュースで見ました。水滴を模した《ゆるキャラ》で書かれたトリチウムが水の中を流れている動画ですが、その動画の中で「あなたが毎日飲んでいる水道水にも入っているんです。だから、トリチウムを海に流しても何も問題はないんですよ」と言っているかのような場面も出てきます。まるで《ゆるキャラ》で目先をごまかしながら「海洋放出に対して文句をつけるな」と言っているように・・・。
かつて韓国はホヤの最大輸入国でしたが、10年経った現在でもまだ福島のホヤの輸入を許可していません。そんな韓国は日本の発表に対して「近隣国の安全を脅かす」と言って国際海洋法裁判所に提訴するそうです。日本領事館は「韓国はその何倍も放出しているではないか」と反論していますが、これではまるで言われたら言い返す《子どものケンカ》です。それに、国は「海洋放出で損害が出たら、東電が責任を持って補償する」と言いますが、実際には東電は原発事故で被災した人に対して今まで「その具体的証拠はない」と言って今まで何もしていません。
結局、今の菅政権は肝心の日本国民に対して「既に決めたことに口出しするな」という態度であり、コロナ禍で医療だけでなく生活も逼迫している国民を見ないでオリ・パラの中止によるメンツの保持と『子ども庁』や『デジタル庁』の設置による利益に必死になっているだけなのでしょうか?