IMG_1680
枕元にあるラジオ付き目覚まし時計でニュースが始まったので起き出しました。お仏飯用の炊飯器が稼働しているのを確認してから玄関と納骨堂を解錠し、本堂の時計で25分になっているのを見てから朝のお茶を飲もうと思って別の時計を見たところ45分。その時になってもまだ気づいていなかったのですが、どうも針のイメージがいつもと違うように感じたのでもう一度時計を見直すと、なんとまだ5時45分!!よく考えれば目覚まし時計のセットは5時なので、その時聞こえてきた5時のニュースを6時と勘違いしていたのです。もっとも、その原因の一つが肩コリとそれによる左上奥歯の痛みだったからかもしませんが、
そのおかげで朝の仕事が1時間早く終わったことも事実ですから、『禍福はあざなえる縄のごとし』ということですかねぇ。
ところで、昨夜の雷には驚きました。《春雷》と言えば聞こえはいいのですが、やはりガラス窓を通してピカッと光ってから聞こえてくる音は楽しいものではありません。しかも昨日は昭和27年に鳥取大火災が起こった日でしたから、余計かもしれません。私はその時は4歳になったところで火事の記憶はありませんが、兄からさんざん聞かされたこともあってなんとなく「知っている」気になっています。もっとも、当時は6人の兄姉は2軒の親戚に預けられていて家に残っていた子どもは私だけであり、その中の記憶にあるのは雨の中で洗濯(炊事?)をしている母の姿だけですが・・・。