IMG_1696
ここ数日かかって植栽の奥や墓地だけでなく庭の横まで除草をし、あと残っているのは(狭いながらも)裏庭だけです。ここは苔の中から雑草が顔を出している状態ですので、乾ききった土では根が切れてしまって取り切れません。やっと今朝から雨模様になって土も湿ってきたので、この連休中はここにかかりきりになりそうです。しかし、寺院は職種別に言えば《サービス業》に分類されるため、大体において人が休みの時に忙しくなるのもの。それでも健康に気をつかいながら、なんとかご法義の伝道に頑張っています。今日で左上の奥歯ともお別れですが、これをもって歯茎から広がっている頭痛と解放されたいものです。
ところで、数日かかって草を抜き取った後には、今まで笹やドクダミに攻められて身を細めていた紫蘭と3寸アヤメが元気に背伸びしています。また、境内の松の裏側にも3寸アヤメがありますが、この二つは同じ名前でも別の種類で、紫蘭と一緒に咲いているのは本当に3寸(10㎝)程度の背丈で、葉も「短いイチハツの葉」という感じです。それに比べて亡母が植えていた松の裏側のものは葉も細く「水辺に咲くアヤメの小型版」という感じで、花自体も両者は見た目にもまったく《別物》なのですよね。これで同じ名前なのですから、妙なものです。(除草で手一杯だったので写真を撮っていませんので、この花の写真は後日にします)