IMG_1706
4月は最後になって歯茎から来る頭痛で悩まされ通しでしたが、今月は青空を舞う鯉のぼりのようにすがすがしい気持ちで毎日を送りたいものです。新聞報道では、今回のコロナ禍に対する濃厚接触者の追跡調査や患者の病床維持率等の調査で鳥取県が全国一(次点は島根県)ということ゛てした。確かに一時は自粛中でありながら公務員による会食によるクラスターや小・中学校の陽性患者発生等もありましたが、直ちに濃厚接触者(と思われる者)全員に対するPCR検査の実施をして《押さえ込み》に努める『鳥取方式』が功を奏していることを評価されたのでしょう。今回は「陽性者が急増して病床使用率が逼迫している兵庫県から(数名ですが)患者を受け入れる」と言っていますし、それなりに《押さえ込み》が成功しているということでしょう。
昨日からいよいよ今年もGWが始まりましたが、毎年のように発生している鳥取砂丘に通じる道路の渋滞は今年もなく、なんとなく「寂しい」と言うか「静か」と言うか、そんなGW期間になりそうです。でも、ここまで評価されている『鳥取方式』ですから、初旬に計画されている聖火リレーは(本心を言えば)縮小よりも中止としてほしいのですがねぇ。