IMG_1703
昨日は早朝から第1駐車場上の通路と当寺の墓横の空き地に生えている所を除草しましたが、指定の袋ではとても足りず、慌てて普通の大袋(4枚)に抜いた草をまとめました。その結果は案の定「腰が痛い!」ですが、その時に蕾をつけていなかった牡丹の鉢植え(2杯)から生えていた草を抜き、肥料を入れて新しい土を加えてやりましたので、来年が少しだけ楽しみになりました。これで残りは裏庭の草取りだけになりましたが、実はそれが問題です。というのは、草が《芝生》状態になっていますからね。苔の中から生えている草を、苔を壊さないようにしながら抜くことほど厳しいものはありません。毎年「早めにしておけばよかった」とは思うのですが、そこは《人の心》の弱さ。「まぁ、明日でいいや」が続いて今に至っているのですから結局は「自業自得」なのだということはよ~く分かっていますが、それを繰り返す自分の心の弱さをつくづくと反省することしきりです。
しかし、君子蘭は元気ですね。「蕾がついていない」と思っていた4番目の鉢からも遅れて花芽が出てきましたよ。今日の写真は2番目に咲いたものですが、今ではオレンジ色が鮮やかになっています。