IMG_1704
毎年カラーの花を戴いているご門徒から今年もたくさんいただきました。さっそく今朝は本堂の供花を入れ直し、残りは玄関の壺に活けて飾りました。ただ、戴いた葉は全部本堂に使ったので、庭から2株の葉を切り取って玄関用に使いました。カラーからは香りが立ちませんが、この花はニセアカシヤの花と同様に初夏を感じさせます。
ところで、ニセアカシヤと言えば、20年以上も前に勤めていた高校には2度転勤して合計14年間いましたが、毎年車で砂丘道路を通勤しているとこの満開になっているニセアカシヤから独特の香りが漂ってきました。何でもこの花は「蕾状態の時に天ぷらにすると美味しい」とは聞いていました。しかし、さすがに背が高く伸びている木ですし、枝には棘もありますから登って取ろうとまでは思いませんでしたが、この岩美高校に通算14年も通いながら結局最後まで食べなかったものは、このニセアカシヤの花の天ぷらと現地では《ばばあ》と呼ばれている魚(タナカゲンゲ)でした。(見た目と違ってこの魚は美味しい」とのことでしたけれどね。青谷高校に通っていた時には魚見台の下の海岸で採れる貝が名物だとか、八頭高校に通っていた時には近くにあるパン屋だとか、今から考えると、生徒達に向かうことは当然として、いろいろ《校外活動》にも力を注いでいたように思います。懐かしい思い出です。
(残念ながら、ニセアカシヤの写真は撮っていません)