IMG_1759
今朝方に書き込もうと思ったら「パスワードを打ち込んでください」との表示。帰宅後に副住職に聞くと「ちゃんと記録してある」とのこと。ただ、そのことをすっかり忘れて(と言うか、記憶していなくて)いたので、やっと夕方過ぎてからの『独り言』の打ち込みになりました。それが良かったのか悪かったのかは別として、改めて自分の《年齢=物忘れ》の度合いを再確認したわけです。同年齢の人と話すと「そうそう、自分もある」と言われるのですが、本当に《物忘れ》が多くなってきています。最近も寸前まで出ていた「オダマキ」という名前がフッと出てこなくて困りましたし、事務室に入った途端に「何を探しに来たんだっけ」とウロウロ・・・。大切な法務などは日程表を見ながら記入し、その上で「◯日の◯時で、お寺でのご法事ですね」と確認をするようにしていますが、個人的な件で「記入は後から」と後回しにした時には「あれ?いつだっけ」と思うこともしばしば。つくづく「自分はまだ大丈夫」と思っていても《前期高齢者》としてふさわしい(?)年齢になっているのですよね。あぁ、ショック!